NFACの魅力、ちょっち伝えます。

2015.04.02

こんばんは。

今季は背番号が13番になりました。

西村です。

タイトルの通り。

今回は僕が思うNFACの魅力を伝えたいと思います!

と、その前に。。。

当分ブログで僕の番は来ないと思っていたのですが。。。

名前はさすがに出せませんが、某白須コーチが全~然ブログ書いくれないのでー

代わりに書いちゃいます。

名前出ちゃってますね!!笑

さて、本題ですが。

NFACというクラブは大きく4つのカテゴリーに分かれています。

ジュニア・ジュニアユース・トップチーム・オーズ

細かく言うと他にもアカデミーなんかもあったりします。

オーズ??

オーズは、なんと所属する子供の保護者さんで結成されたいわばNFAC最強チームです。

そんな小学生から保護者さんまでもが大好きなサッカーに携わっています。

ここが最も、このクラブの魅力だと思います。

今までサッカーをしてきた中で、これほど幅広い年齢層のサッカー人が集まって活動するクラブには出会ったことがありません。

先日もU-12の子供たちのお別れ試合イベントを行いました。

5.jpg

この写真の中にも、オーズでバリバリ活躍する保護者さんがおられます!

子供たちより、保護者さんのほうが戦ってるぞ!!っていう表情してません?笑

そんな多くのサッカー人が集まって、日々大きく成長しているクラブなんです。

もちろん、トップチームの試合の時にも子供たちと一緒に親さんも応援に駆け付けて下さいます。

試合中にピッチの外から聞こえる声は親さんの声のほうが熱いです。。。

6.jpg

羽ばたいていく子供たち VS 親さんオールスターチーム

この日はジュニアユースの選手やトップチームの選手も何人か参加してました。

そして、チーム関係者でよく行く居酒屋の店長も参加してくれました。

これって凄くないですか?

こんなにも沢山の人がサッカーを通じて関わり、楽しめる。

本当に凄い事だと思います。

ましてやこれ全員が同じクラブですよ。

この環境って物凄く重要な部分だと思います。

僕が小さい頃所属していたスポ小や部活動って自分が参加するだけで、サッカーしてる時も子供とコーチしかいなくて。

試合でも、自分たちの親が何人か応援に来てくれるような環境だったのに。

このクラブは小学生から大人までもが一緒に行動して、互いに応援し合ったり支えあったりしています。

小学生の試合には他の仲間が。

トップチームの試合になると、子供から保護者さんまでみんなが応援に駆け付けてくれます。

遠い会場でも、遅い試合でも関係なく。。。笑

何が言いたいかというと。

ようは、そうした仲間意識や考え方、協調性や、人との関わり。

それらをサッカーと合わせて学べるクラブってことです。

僕もこの歳になっても日々考えさせられる事ばかりです。

そして練習環境。

グラウンドはもちろんですが、特に指導者。

経験豊富な指導陣や、子供世代から大人と一緒に練習が出来る。

これもまたまた凄く大きな特徴だと思います。

S級保有者をはじめ多くの指導陣に恵まれています。

13.jpg

トップチーム監督の堀井さん。(若かりし時代ver.)

これ、堀井さんに内緒で載せてるので関係者の人は内緒にしといてね!笑

しかも隣にいるのは、な、な、な、なんと!!

あのサッカーの神様ペレ。

川崎フロンターレで指揮を執り、ガンバ大阪やジュビロ磐田でも指導経験を持つサッカー界のレジェンド。

もちろん日本代表選手でもありました。

んんんー。。。

こうして色々書いてると、本当に恵まれた環境でしかないなと痛感しますね。

そうそう、他にもこんなことも。

1.jpg

そうです!!

三浦選手です!!!

違います。。。

セレッソ大阪アンバサダーの森島さんです

そして僕はふと気になりましたよ。

三浦選手の右手だけどうして中途半端に手袋をしているのかと。。。

きっと握手して間がない時に写真を撮ったのではないかと?

森島さんは先日の、長浜市のサッカー教室でお越しになられました。

森島さんは堀井監督と古くから縁がある方で。

何度かこのクラブでもお世話になっております。

こうした、サッカーでの繋がりもまた魅力的なところです。

4.jpg

サッカー教室の後片づけを手伝う子供たち

クラブ外の交流も本当に幅広く、練習試合はもちろん、様々な場面で関わらせていただける環境も。

正直書ききれません。。。

こうした素晴らしく恵まれた環境を与えていただいてサッカーに取り組める、楽しめるって感謝でしかないですね。

こんなクラブが長浜にあるってことを沢山の人に知っていただきたいし、関わっていただきたい。

もちろん、一緒にサッカーをする仲間も含めて。

集まれサッカー人!!

僕もリーグ戦に向けて、天皇杯予選に向けてもっと頑張らないと!!

応援していただいてる関係者、サポーターの方々にも喜んでいただける結果を残さないとですね。

っと、その前にもうすぐやってくる田植シーズンを乗り超えないと。

14.jpg

NFAC13 西村 昌紘